SNSサイトでのサクラ対処法

DB021_L

SNSサイトを利用していると、サクラメールがくることもあります。そして、携帯電話のメアド宛に直接送信されてくることもあるようです。

その上、違うサイトにアクセスするようになっているケースが多いので、うっかりアクセスしてしまってはサクラの思惑通りになってしまいます。

しかし、例えアクセスしなくても、自分のメアドが知れてしまっているので心配になりますよね。

このようなサクラメールは、そのサイトに普通の会員として登録し、別のSNSサイトに誘導しようしているサクラの仕業です。

悪質なサクラに対処する方法として、プロフィールに写メをアップしている人に色んな写メや動画を送信してもらう方法があります。

例えば、日付と名前、サイト名などをキチンと記してもらった本人が写っている写メを送ってもらいます。

サクラでなければ、複数の写メを比べてみても違和感はないはずです。

ただ、サクラによっては複数の写メを予め用意している場合もありますので、慎重に見極めるようにしましょう。

他にも、好きなミュージシャンを聞いてみるのもいいですし、ジャニーズに詳しいのであれば好きなメンバーの名前などを掘り下げて聞いてみるのも一つの手段です。

もしもサクラならば、好きなミュージシャンなどを書いていても即答できない場合が多いので、サクラだと判明できます。

また、サイトの検索機能を利用するのもいいでしょう。正規会員でなければ検索してもヒットしませんからね。

サクラに遭遇してしまったら?

DB048_L

サクラに注意してSNSサイトを利用していたとしても、ちょっとしたことが原因でサクラに騙されるということは無きにしも非ずです。

例えば、サクラとは知らずにメール交換していて、他の有料サイトに誘導され、有料とは露ほども思わずに言うがままに数日間利用した結果、高額請求されるケースもあるようです。

もしも、このようなケースに見舞われたならば、請求がきた時点で無視することです。下手に対応すると相手の思うツボです。

また、SNSサイトを利用していてサクラにまんまと引っかかってしまった場合には、メアド変更をするといいでしょう。

メアドが変更されたり、電話番号も変更されてしまったら、その時点でサクラも連絡の取りようがありませんので、相手側は追跡不可能になります。

更に徹底するならば、メアド変更して着信拒否設定することをオススメします。

中には、メアドや電話番号の変更が容易にできない場合もあるでしょう。その際には、消費者センターに相談されてみてください。適切な対処法を教えてくれるでしょう。

一番やってはいけないことは、請求がきたことで気が動転して冷静さを失うことです。

冷静にならなければ的確な判断もできませんし、高額請求してきたサイトに自ら電話する事態も招きかねません。

そうなったら、相手側にはメアド以外の個人情報(電話番号など)を知られてしまうことになります。被害は拡大するばかりです。

自分自身で対処することばかりを考えずに、消費生活センターに相談したり、場合によっては警察や弁護士を頼ることも安全確保の道なのです。